ホワイトボードアニメーションとは、ホワイトボードに絵や文字を描く様子を動画にしたものです。

ビジネスや趣味で活躍できる魅力的な動画ですが、どうやって作っているか分かりませんよね。

この記事では、ホワイトボードアニメーションの価格や作り方についてご紹介します。

また、ホワイトボードアニメーションを学べるおすすめの講座もご紹介します。ホワイトボードアニメーションを作りたい人は、ぜひ参考にしてください。

ホワイトボードアニメーションとは?

ホワイトボードアニメーションは、手書きや専用のソフトを使って制作できます。

手書きの場合は、実際にホワイトボードとペンを用意し、カメラで撮影します。

専用ソフトの場合は、パソコンでイラストや文字を描き、アニメーションを制作します。

どちらの方法もメリットとデメリットがありますので、自分の目的や予算に合わせて選ぶことが大切です。

ホワイトボードアニメーションは、視覚的に情報を伝えることができるので、教育やマーケティングなどのさまざまな分野で活用されています。

インパクトがあって覚えやすい動画を作りたいなら、ホワイトボードアニメーションはおすすめです。

ホワイトボードアニメーションの効果やメリット

ホワイトボードアニメーションの効果やメリットは以下の通りです。

  • 記憶に残りやすい
  • 意思決定につながりやすい
  • 動画を最後まで見てもらいやすい
  • 低コストで動画を作成できる

それではどのようなことかを説明していきます。

記憶に残り安い

ホワイトボードアニメーションは、イラストや文字が描かれていく過程を自覚的に捉えることができるので、記憶に定着しやすいという特徴があります。

英国のリチャード・ワイズマンの実験では、ホワイトボードアニメーションの方が15%も深く内容を記憶していたことが判明してます。

引用元:株式会社Hub Works

意思決定につながりやすい

ホワイトボードアニメーションは、視聴者により内容を理解してもらい、その後の意思決定も促しやすいという効果があります。

リチャード・ワイズマンの調査では、人が商品紹介をしている動画と比較して、ホワイトボードアニメーションで商品を紹介した動画の方がわかりやすいと感じた人が2倍もいることが判明しています。

動画を最後まで見てもらいやすい

ホワイトボードアニメーションは、最後まで視聴してもらいやすいというメリットがあります。

視聴者は人の手によって文字や動画を視聴してもらいやすいというメリットもあります。

視聴者は人の手によって文字やイラストが形作られていく過程から目が話すことができないです。

次に何が描かれるかという興味から、動画を見続けてしまうのです。

低コストで動画を制作できる

ホワイトボードアニメーションは、実写撮影に比べて低コストで制作できるというメリットもあります。

実写撮影はカメラマン・出演者・ロケ地・スタジオ・撮影機材などが必要で、規模が大きくなるほどコストも膨れ上がります。

これに対してホワイトボードアニメーションは、専用の制作ツールと動画編集にかかわるスタッフのみで作成できます。

ホワイトボードアニメーションの注意点やデメリット

ホワイトボードアニメーションにも注意点やデメリットがあります。

ここでは、以下の3点について解説します。

  • 差別化しにくい
  • 商品やサービスによって向いていない場合がある
  • イラストや音声の質によって硬化が下がる

それではどのようなことかを説明していきます。

差別化しにくい

差別化しにくいという点は、ホワイトボードアニメーションのシンプルさが裏目に出る場合があるということです。

色味やイラストの種類が限られているため、他の動画とのインパクトやオリジナリティが乏しくなりがちです。

この問題を解決するには、構成やシナリオに工夫を凝らすことが必要です。

商品やサービスによっては向いていない場合がある

商品やサービスによっては向いていない場合があるという点は、ホワイトボードアニメーションの表現力があるということです。

実写で撮影した方が伝わりやすいものや、写真や映像が必要なものは、ホワイトボードアニメーションでは、不自然になってしまう可能性があります。

例えば、有形の商品やオフィスの様子などがこれに当たります。

イラストや音声の質によって効果が下がる

イラストや音声の質によっては効果が下がるという点は、ホワイトボードアニメーションの制作には一定のスキルが必要であるということです。

イラストが下手だったり、音声が聞き取りにくかったりすると、視聴者の印象や理解度が悪くなります。

ホワイトボードアニメーションはシンプルな分、細部に気を付けることが重要です。

ホワイトボードアニメーションの活用・導入事例

ホワイトボードアニメーションの活用・導入事例を紹介します。

以下のような事例があります。

ホワイトボードアニメーションの紹介動画

海外のホワイトボードアニメーション事例で、ホワイトボードに次から次へとイラストが描かれていき、ナレーションの内容をイラストで補足していきます。

ここならのサービス紹介

スキルのフリマサービス「ココナラ」のサービス紹介用ホワイトボードアニメーションです。

ココナラがどのようなサービスなのかについて、テキスト・イラストを描きながらわかりやすく説明している動画です。

モーノポンプ紹介動画

製品紹介用のホワイトボードアニメーション動画です。

製品特徴が複雑な場合には、テキストや写真だけでは製品について理解してもらえない場合があります。

そのような場合には、製品の仕組みやメリットをホワイトボードアニメーションで表現すると、製品についてしっかり理解してもらえるようになります。

デジタルホワイトボードの活用事例

デジタルホワイトボードとは、タッチパネル式のホワイトボードで、インターネットやパソコンと連携できるものです。

企業や学校・病院などのさまざまな分野で活用されており、コミュニケーションや情報共有、教育などに役立っています。

ホワイトボードアニメーションとは?効果・活用事例・作り方を詳しく解説

こちらは、ホワイトボードアニメーション概要・効果・メリット・動画の活用事例・制作方法などについて解説しています。ホワイトボードアニメーションの活用を検討されている場合は、このページを参考にしてみてください。

ホワイトボードアニメーションは、物事をわかりやすく伝えたいときに役立つアニメーション技法です。自分の目的やターゲットに合わせて、最適な表現方法を選ぶことが重要です。

ホワイトボードアニメーションの作り方

ホワイトボードアニメーションの作り方は以下のようになります。

  • 全体の構成を考える
  • 各シーンのイラストや文字を作成する
  • イラストや文字に動きを取り入れる
  • 最終チェックと微調整で完成

それぞれの作り方の流れを順を追って解説していきます。

全体の構成を考える

ホワイトボードアニメーションの作り方の中で、全体の構成を考えるのは重要なステップです。全体の構成とは、動画の目的や内容・流れや順序・長さやペースなどを決めることです。

全体の構成を考えるときには、以下のポイントに注意しないといけないです。

動画の目的を明確にする

動画で何を伝えたいか、誰に伝えたいか、どんな反応を得たいかを考えます。

動画の内容を絞りこむ

動画で伝えるべきメインのメッセージを決め、それに関連する情報やエピソードを選びます。余計な情報はカットします。

動画の流れを作る

動画の始まりから終わりまでの順序やつながりを考えます。一般的には、導入・本論・結論の3部構成が効果的です。

動画の長さを決める

動画の長さは、動画の目的や配信する媒体によって変わります。一般的には、1分から3分程度が理想的です。

動画のペースを調整する

動画のペースとは、動画のスピードやリズムのことです。動画のペースは、視聴者の興味や感情に影響します。動画のペースを調整するには、イラストや文字の表示時間や切り替えのタイミング、音声や音楽の速度や高さなどを工夫します。

全体の構成を考えることで、動画の品質や効果を高めることができます。

各シーンのイラストや文字を作成する

ホワイトボードアニメーションの作り方の中で、各シーンのイラストや文字を作成するのは、動画のビジョンを決める重要な工程です。

各シーンのイラストや文字を作成するときは、以下のポイントに注意しないといけないです。

イラストはシンプルでわかりやすいものにする

複雑なイラストは見ている人に混乱を与える可能性があります。また、イラストは動画の目的や内容に合わせて選びます。

文字は手書き風のフォントを利用する

手書き風のフォントはホワイトボードアニメーションの雰囲気に合っています。また、文字は大きくて読みやすいものにします。文字の量は少なめにし、必要なキーワードやメッセージだけを表示します。

イラストと文字のバランスを考える

イラストと文字のバランスを考える。イラストと文字の比率や配置は、動画の見栄えや伝わりやすさに影響します。イラストと文字が適度にバランスが取れているようにします。また、イラストと文字の色や形も調整します。

各シーンのイラストや文字を作成することで、動画のビジョンが決まります。イラストや文字は、動画のメッセージを強調したり、見ている人の興味を引いたりする役割を果たします。

イラストや文字に動きを取り入れる

ホワイトボードアニメーションの作り方の中で、イラストや文字に動きを取り入れるのは、動画の魅力を高める重要な工程です。イラストや文字に動きを取り入れるときには、以下のポイントに注意しないといけないです。

動きは自然でスムーズにする

イラストや文字がカクカクしたり、不自然に富んだりしないようにします。また、動きの速度や方向も調整します。

動きはメッセージに合わせる

イラストや文字の動きは、動画の内容や目的に沿って選びます。例えば、強調したい部分には大きく動かしたり、緊張感を出したい場合には、早く動かしたりします。

動きはシンプルにする

動きが多すぎると、見ている人が混乱したり、動画の本質がわからなくなったりします。動きは必要最低限にし、見やすくするようにします。

イラストや文字に動きを取り入れることで、動画の表現力やインパクトが増します。

最終チェックと微調整で完成

ホワイトボードアニメーションの作り方の中で、最終チェックと微調整で完成するのは、動画の品質を確保する重要な工程です。最終チェックと微調整するときは、以下のポイントに注意しないといけないです。

動画の全体的な流れや内容を確認する

動画の目的やメッセージが明確に伝わっているか、動画の長さやペースが適切か、動画の構成や順序がわかりやすいかなどをチェックします。

動画の画質や音質を確認する

動画の画像が鮮明でノイズがないか、動画の音質が聞きやすくノイズがないか、動画のBGMや効果音が適切かなどをチェックします。

動画の細部を修正する

動画のイラストや文字にミスや不自然な部分がないか、動画エフェクトやカットの切り替えがスムーズかなどをチェックし、必要に応じて修正します。

最終チェックと微調整することで、動画の完成度を高めることができます。

ホワイトボードアニメーションの外注価格

ホワイトボードアニメーションは、白い背景に手書きのイラストや文字を描きながら映像化したアニメーション動画のことです。

ホワイトボードアニメーションは、記憶に残りやすく、意思決定につながりやすく、動画を最後までみてもらいやすく、低コストで制作できるというメリットがあります。

ホワイトボードアニメーションを外注する場合は、費用は依頼先や動画の長さ・内容・クオリティーなどによって変わりますが、一般的には以下の相場があります。

  • 制作会社に依頼する場合:50万円~100万円
  • クラウドソーシングで個人に依頼する場合:10万円~45万円
  • 自社で作成する場合:5万円以内

ホワイトボードアニメーションの外注価格は、ピンキリです。自分の予算や目的に合わせて、最適な制作方法や依頼先を選ぶことが大切です。

どのくらいの相場なのかを見ていきます。

お絵描き動画屋

「お絵描き動画屋」は、ホワイトボードアニメーションの制作を専門とした動画製作所です。フランスで活動しているゆかりさんが運営しており、原稿からサポートしてくれます。

ホワイトボードアニメーションは、記憶に残りやすく、意思決定につながりやすく、動画を最後まで見てもらいやすい、低コストで制作できるというメリットがあります。

お絵描き動画屋の外注価格は、基本料金が30秒1万円で、2分の動画なら4万円で制作できます。

オプションとしてプロのナレーションやサムネイル、テロップなども提供してくれます。

お絵描き動画屋は、富士通や四谷学院などの企業から、オンライン講師や整体院などの個人事業主まで、幅広い分野の方にご依頼いただいており、100件以上の実績があります。

自己紹介動画や商品・サービス紹介動画など、様々な用途でホワイトボードアニメーションを活用したい方におすすめです。

KIZAKIYA

「KIZAKIYA」は、新宿でホワイトボードアニメーションやその他の動画制作を行っている映像制作所です。

ガンダムシリーズをメインとしたあらすじやネタ動画、結婚式用のオープニングやエンドロール、企業やサービスの紹介動画など、様々なジャンルの動画を制作しています。

ホワイトボードアニメーションの外注価格料金は、基本料金が30秒1万円で、2分の動画なら4万円で制作できます。

オプションとして、プロのナレーションやサムネイル、テロップなども提供してくれます。

また、ホワイトボードアニメーションの作り方や動画編集ソフトの使い方などもブログやYouTubeで紹介しています。

ホワイトボードアニメーションを始めた手書き動画やイラスト動画、実写動画などの企業・サービス・商品紹介・PR動画を作成したい方におすすめです。

お絵かきムービー

「お絵かきムービー」は、ホワイトボードアニメーションとストーリープランニングを組み合わせた動画手法です。

商標登録された名称なので、ちゃんと学んだ人が作るものを指します。

お絵かきムービーは、自分で作ることもできますが、絵が描けない人や時間がない人は、外注することができます。

お絵かきムービーの外注価格は、依頼先や動画の長さ、内容、クオリティーなどによって変わりますが、一般的には以下のような相場があります。

制作会社に依頼する場合

お絵描きムービーを制作会社に依頼する時の料金はこのようになります。

ショートムービー:WEB広告や商品などの説明動画に利用できます。

費用は30秒から3分の動画で52万5000円(税込)になります。

お絵かきムービー:10分間の動画を見せるだけでセールスを不要にできるプランニングの決定版です。費用は8分から15分で84万円(税込)です。

セットプラン:両方のムービーを合わせたプランです。費用は94万5000円(税込)になります。

クラウドソーシングで依頼する場合

クラウドソーシングでお絵描きムービーを依頼するときの料金は、依頼するサイトや制作会社、動画の内容や長さによって異なりますが、一般的には1分あたり1万円から3万円ほどが相場と 言われています。

お絵描きムービーを依頼する際は、依頼先の実績や評価、納期や修正回数などを確認して、予算や目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。また、依頼する動画の内容やイメージをできるだけ具体的に伝えることで、スムーズな政策ができます。

自社で作成する場合

動画制作のためには、ストーリー作りやイラスト描写、層が編集などのスキルが必要です。自社でこれらのスキルを持った人材がいる場合は、料金を抑えることができますが、いない場合は外部に依頼するか、研修や教育に投資する必要があります。

自社でお絵かきムービーを制作する場合の料金は、様々な要素によって変わりますが、一般的には1分あたり1万円から3万円ほどが相場といわれています。

当然ですが、これはあくまで目安であり、実際の料金は自社の状況や目的に応じて変わります。自社でお絵かきムービーを制作する際は、予算や期間、品質のバランスを考えることが大切です。

お絵かきムービーは、物事をわかりやすく伝えたいときに効果的な動画です。

フリーランス

「フリーランス」とは、個人でホワイトボードアニメーションの制作を行っているクリエイターのことです。

フリーランスに依頼する場合の外注価格は、制作会社よりも安く、10万円〜45万円程度で制作できる場合が多いです。

フリーランスのメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 直接やりとりできるので、細かい要望や周世がしやすい
  • クラウドソーシングサイトなどで実績や評価を確認できる
  • オリジナリティも高い動画を作ってもらえる可能性がある

フリーランスのデメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 依頼者にニーズに合わない場合がある
  • 納期や品質の保証がない場合がある
  • 著作権や権利料の問題が発生する場合がある

フリーランスにホワイトボードアニメーションの制作をする場合は、事前にポートフォリオや評判を確認し、契約内容や納品物の確認をしっかり行うことが大切です。

ホワイトボードアニメーションを内製するためのおすすめ講座

ホワイトボードアニメーションとは、白い背景に手書き風のイラストや文字を描きながら映像化したアニメーション動画のことです。

ホワイトボードアニメーションは、記憶に残りやすく、意思決定につながりやすく、動画を最後まで見てもらいやすく、低コストで制作できるというメリットがあります。

ホワイトボードアニメーションを 内製するためには、専用のソフトや道具、技術を学ぶ必要があります。

そこで、ホワイトボードアニメーションを内製するためのおすすめの講座を紹介します。

クリエイターズアカデミー

「クリエイターズアカデミー」は、ペンとホワイトボード、スマホだけで「好き」を仕事にすることができるアカデミースクールです。

アメリカで生まれた手書きイラスト×動画のスキルを身につけ、自分で収入を生み出す方法を学べます。

受講料は以下のようになります。

  • 入学金と教材費は35万円((税込)
  • 学費は53万円(税込・月額8万8333円税込)6か月間の受講
  • 合計88万円(税込)

参加資格は、絵を描くことが好きで、自分の才能を活かして仕事にしたいという型です。また、オンラインでの学習に必要なパソコンやインターネット環境は当然ですが、ペンタブレットなどの機材も用意する必要があります。

オンラインの勉強会、リアルでの講義など、様々な学習環境が用意されています。また、資格発行制度やビジネス活動のサポートもあります。

初心者でも安心して参加できるカリキュラムや、3億1,000万円以上の販売実績がある商品を作れるようになることが魅力です。

ホワイトボードアニメーションを内製するためのおすすめの講座のひとつです。

Animation Hacks

「Animation Hacks」はVYONDというオンラインでアニメーション制作ができるツールを使って、動画の企画から制作までを学べるオンライン講座です。

講師は、副業でYouTubeでビジネスマン向けの情報を発信している「ぺそ」さんです。

ぺそさんは、約半年でチャンネル登録数10万人超えという実績を持ち、アニメーション制作のノウハウを惜しみなく公開してくれています。

基本料金は1コースあたり2万9800円(税込)で全6コースあります。各コースには約1時間の動画レッスンと演習問題、フィードバックが含まれます。

一括で全6コースを申込みをすると、14万9000円(税込)になります。約10%の割引になります。

支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込でお支払いいただけます。分割払いも可能です。

こちらのコースでは、以下のような特徴があります。

  • 動画講座は分かりやすいです。VYONDの基本操作や表現方法、デザインや効率化のコツなどを分かりやすく解説しています。
  • 新たなスキルが手に入ります。アニメーション制作スキルを身につけることで、YouTubeやショート動画、企業CMやプロモーション動画などで活用できます。
  • 無制限に質問ができます。LINEを使って、講師に直接質問できます。動画通りに操作してもうまくいかないときや、アドバイスが欲しいときなどに便利です。

「Animation Hacks」は、アニメーション制作スキルを身につけて、自分の発信やビジネスに活かしたい方におすすめの講座です。

udemy

「udemy」は、オンラインでプログラミングやデザインなどのスキルを学べるサイトです。ホワイトボードアニメーションを内製するためのおすすめの講座として、以下の2つがあります。

登録数30万人のYouTuberが教えるホワイトボードアニメーションセミナー

VideoScribeというソフトを使って、ホワイトボードアニメーションの作り方を学べる講座です。講師は、ホワイトボードアニメーションを使ってYouTubeで登録数30万人を超えた「学識サロンのまぁー」さんです。動画編集の基本操作やコツ、動画編集者としての稼ぎ方や営業方法などを教えてくれます。

受講料は2万7800円です。

ついに日本語対応!プレゼン、教育、YouTubeに最適なホワイトボードアニメーションの作り方

ホワイトボードアニメーションを自動で作成するVideoScribeというソフトの使い方を紹介する講座です。

講師は、プレゼンテーションの専門家である「プレゼンの達人」さんです。プレゼンや教育、YouTubeでのホワイトボードアニメーションを活用する方法や、動画の構成やデザインのコツなどを教えてくれます。

受講料は2600円です。

「udemy」はホワイトボードアニメーションを内製するために必要なスキルやノウハウを学べるサイトです。

自分の目的やレベルに合わせて、最適な講座を選ぶことができます。

ホワイトボードアニメーションに関するよくある質問

ホワイトボードアニメーションに関する質問をまとめました。

ホワイトボードアニメーションのソフトや無料アプリは?

ホワイトボードアニメーションを制作するためには、専用のソフトやアプリを使う必要があります。

ホワイトボードアニメーションのソフトやアプリには、無料で試せるものや有料のものがあります。

以下に、おすすめのソフトやアプリを紹介します。

VideoScribe

プレゼンテーション用の動画を作るために開発されたソフトです。7日間の無料トライアルがあります。

Vyond

クラウド型のアニメーション動画制作ソフトです。14日間の無料トライアルがあります。

Animaker

無料プランが用意されているアニメーション制作ツールです。無料プランでは機能制限があります。

Powtoon

米国の教育現場でも使われているアニメーション制作ツールです。無料プランがありますが、動画にロゴが入ります。

Animatrom

初心者から上級者まで使えるアニメーション制作ソフトです。無料プランがありますが、動画の長さや本数に制限があります。

おすすめのホワイトボードアニメーションのソフトやアプリは、以上の6つです。自分の目的や予算に合わせて、最適なものを選べばいいです。

ホワイトボードアニメーションはスマホでも作成できる?

ホワイトボードアニメーションは、専用のソフトやアプリを使えば、スマホでも作成はできます。

スマホでホワイトボードアニメーションを作成する方法は以下のようなものがあります。

VideoScrib

ホワイトボードアニメーションを自動で作成するアプリです。7日間の無料トライアルがあります。

Anihmaker

無料プランが用意されているアニメーション制作ツールです。ホワイトボードアニメーションのほかにも、黒板やノートなどのスタイルも選べます。

手書きで撮影する

ホワイトボードやマーカー、スマホのカメラとスタンドなどを用意して、手描きで撮影する方法です。編集もスマホのアプリでできます。

ホワイトボードアニメーションはスマホでも作成できることがわかりました。自分の目的や予算に合わせて、最適な方法を選ぶことができます。

副業でホワイトボードアニメーションはできる?

ホワイトボードアニメーションは、専用のソフトやツールを使えば、自分で制作することもできます。副業でホワイトボードアニメーションを作るメリットは、以下のようなものがあります。

顔出し不要

動画制作であれば、顔出しする必要がないです。副業がバレたくない方にもおすすめです。

情報発信不要

動画制作であれば、サンプル動画を作って提示するだけで仕事の受注ができます。ブログやSNSで情報発信をする必要がないです。

オンラインで完結

動画制作であれば、オンラインで仕事が完結します。場所や時間にとらわれずに仕事ができます。

単価が高い

ホワイトボードアニメーションは、動画制作の中でも単価が高い部類に入ります。1本作るだけでもかなりの収入が見込めます。

ホワイトボードアニメーションは、副業として始めやすく、稼ぎ安い動画制作の一種です。絵が好きで、在宅で副業がしたい方におすすめです。

ホワイトボードアニメーションまとめ

ホワイトボードアニメーションには、メリットがあります。

  • 記憶に残りやすい
  • 意思決定につながりやすい
  • 動画を最後まで見てもらいやすい
  • 低コストで制作できる

ホワイトボードアニメーションの作り方には、自社で制作する方法と、動画制作会社に依頼する方法があります。

自社で制作する場合には、専用のソフトや道具、技術を学ぶ必要があります。動画制作会社に依頼する場合には、費用や納期、品質などを事前に確認することが大切です。

さらに、ホワイトボードアニメーションを内製するためのおすすめの講座も紹介しました。

ホワイトボードアニメーションは、サービス紹介や商品紹介、営業資料や研修講座など、さまざまなシーンで活用することができます。